”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第52回 6代続く”北海道随一の老舗”、見市温泉の錆び色の湯に浸かる

循環型の風呂が〝濾過〟した鉄錆び色の湯  かつて鉄錆び色の温泉は珍しくなかった。ところが昭和の終わり頃から平成の始めにかけて、鉄錆び色、赤茶けた色の温泉はなかなか見かけなくなった。 60...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第51回 銀婚湯温泉の野天風呂

世界一温泉地が多い〝温泉の浮島〟北海道  私が最初に"道南の名湯”銀婚湯温泉を取材で訪れたのは、昭和58年(1983)の夏の終わりではなかったかと記憶している。 ”職業として”の温泉行脚は地元...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第50回 初心に返って、温泉と向き合いたい

売れに売れた、モノクロ252ページの温泉ガイド 1987年8月25日初版の松田忠徳著『湯けむりの旅 北海道』の表紙。地方出版で、本文はモノクロ印刷にもかかわらず、2、3年で約15万部発...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第49回 ”世界一の秘湯”臼別温泉旅館のこと

京都の街角に迷い込んだような活況の跡  「江差の5月は江戸にもない―」と謳われた18世紀半ばからのニシン漁の最盛期に、多くの廻船問屋や土蔵が軒を連ねていた中歌町、姥神界隈―。当時の人口は3万人...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第48回 熊のいない隙に、野天風呂で湯浴みをする

コロナ禍下の宿泊客と宿のサービス  日本海を望む平田内温泉(北海道八雲町)に宿泊した翌日、早朝から見事な青空が広がった。 例年なら夏休みに入っているので、北海道西端の漁村もキャンパーや本州や札...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第47回 コロナ禍中、先ずは地元で温泉取材を開始する

マイカーで道南地方の取材旅行を再開  新型コロナウイルス騒動が起きてからもほぼ毎日のように温泉に入る生活をしていたが、この間も取材旅行に出られない日々が続いていた。 銀婚湯温泉(北海道)...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第46回 良い温泉とは心の力みが抜けて眠くなる

無垢の温泉と〝無我の境〟で向き合う  湯は無我にして、天地自然にしたがふもの也―。 北海道・銀婚湯温泉「温泉旅館 銀婚湯」の緑陰の野天風呂「トチニの湯」。 眼下の清流の瀬音に心洗われる(...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第45回 日本の”浸かる文化”の奥深さ

「清浄であること」が精神の根幹  洋の東西を問わず、人生は”産湯(うぶゆ)”から始まる。 しかも日本では世界でも稀なことに、人生の終わりを”湯灌(ゆかん)”で閉じるのが習わしである。 日本人は...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第44回 日本人と”常若の湯”

 洋の東西を問わず、温泉は昔から”若返りの湯”と言われてきた。 温泉の本質を衝いた先人の鋭い感性  私は日本の温泉を、日本人の精神性も鑑み”常若(とこわか)の湯”、即ち「いつまでも心身共...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第43回 『温泉手帳 増補改訂版』の翻訳本が中国からも出版された

中国語版『温泉手帳 増補改訂版』が出版に 今年、北京の中国工人出版社から翻訳出版された『温泉手帳 増補改訂版』の中国版、『日本五星級温泉』  私の『温泉手帳 増補改訂版』(東京書...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました