”温泉教授”の毎日が温泉 第52回 6代続く”北海道随一の老舗”、見市温泉の錆び色の湯に浸かる

循環型の風呂が〝濾過〟した鉄錆び色の湯

 かつて鉄錆び色の温泉は珍しくなかった。ところが昭和の終わり頃から平成の始めにかけて、鉄錆び色、赤茶けた色の温泉はなかなか見かけなくなった。

600見市温泉旅館の内風呂の湯口。かなりあつめの湯が注ぐ(撮影:松田忠徳)

 鉄錆び色の湯といえば、いの一番に兵庫の有馬温泉を思い出すが、”濁り湯”の代表的な温泉が姿を消して久しい。原因ははっきりしている。同じ湯を何度も何日も使い回す”濾過・循環”型の銭湯のような温泉が、昭和末期から急増し始めたからである。
 30年ほど前の平成初期には、全国各地で地方自治体による”公共温泉ブーム”が起きたから、本来なら鉄泉が増えても不思議ではなかった。ところが平成に誕生した温泉の大半が濾過・循環型の風呂であったため、結果として、赤茶の湯であっても”濾過”され、無色になった。

〝温泉レッドブック〟並に減った濁り湯

 市街地近郊で掘削して得られた温泉のほとんどは無色透明の単純温泉なのだが、海に囲まれたわが国では塩化物泉(食塩泉)が単純温泉の次に多い。そのような塩化物泉のなかには鉄分の含まれたものもかなり多いのである。
 現在では鉄錆色の湯に出合ったなら、喜んで欲しい。いかにも力がでそうな正真正銘の”ホンモノの温泉”なのだから。鉄錆色の湯の他にも、温泉大国・日本にはいろいろな色の”濁り湯”がある。
 ”温泉列島”で湯けむりをあげている温泉のうち、”ホンモノの温泉”即ち源泉かけ流しの温泉は30%程度しかないから、総じて濁り湯は誰にでも分かりやすいホンモノの温泉の証となる。
 全国一温泉の多い北海道にあっても、錆色の湯はほとんどなくなった。ここ半世紀の間に激減した。この間、温泉の数がずいぶん増えたことを考えると、「温泉レッドブック」に登録したくなるほど、絶滅危惧種温泉と言っても大げさではないだろう。

〝俗化〟がホンモノの温泉の障害になる

 道南の秘湯、見市(けんいち)温泉は6、7年振りであった。錆色の湯に浸かりたくて、遠回りになるが立ち寄った。それこそ半世紀前には路線バスが一軒宿の前に止まったが、バスが来ない温泉になって、私が知るかぎりでも40年にはなるだろう。
 旅館経営者の立場に立つとバスが来ないのは痛手に違いないだろうが、”俗化”を免れるということでもある。”俗化”が”ホンモノの温泉”を守るうえで最大の”障害”となることは、全国各地でイヤと言うほど目の当たりにしてきた。
 秘湯の宿の雄、秋田県乳頭温泉郷の鶴の湯温泉は私がもっとも”尊敬する”宿だが、県道から鶴の湯温泉までの間を経営者の佐藤さんはあえて未舗装の山道のままにしている。余りに人気が故に、県が舗装してくれると申し出てくれてもである。
 アクセスが良く誰でも来れるということは、たまたま来たお客さんにも対応しなければならない。経営者の価値観と異なるお客さんに迎合しなければならない場合もある。小規模温泉の敵は俗化なのである。

人里離れた山中で6代続く湯治の湯宿

 見市温泉は北海道でもなおアクセスに恵まれない漁村にあり、しかも人里離れた山中にある。にもかかわらず、現経営者の大塚大さんで6代目だ。北海道で6代続いている温泉旅館は私の知る限りではここしかない。本州でも温泉旅館が3代、100年続けられるというのは大変なことだ。だから見市温泉旅館の大塚家のように代々継がれてきた温泉旅館は、鉄錆色の湯よりもさらに希少価値がある。

江戸末期から6代続く北海道随一の老舗旅館「見市温泉旅館」(撮影:松田忠徳)

 つまり俗化を免れ価値観を同じにするお客さんが来られる陸の”孤島”のような宿であったが故に、6代続いてきたとも言える。
 私は先々代の4代目から見市温泉を知っているが、その頃は北海道を代表する、全国的に知られる”湯治の湯宿”であった。宿のゴミ箱に「静けさや 君もわたしも 都会断つ」と書かれていたことを今も鮮明に覚えている。
 5代目のご主人の料理はピカ一だった。漁村だから魚料理の味が忘れられない。5代目の頃は湯治客と秘湯客が半々の過渡期だった。6代目の若い大さんはどのような見市温泉を夢描いているのか、今度ゆっくりと話を聞きたい。国際的な秘湯の宿になるのだろうか?

夏の午後、真冬の湯浴みの情景を思う贅沢

見市川の清流を見下ろす見市温泉旅館の露天風呂。錆色の湯がいかにも効きそうだ(撮影:松田忠徳)

 濃厚な鉄分を含んだ源泉で66度の食塩泉(ナトリウム・塩化物泉)は、湯治、療養には最適の泉質であった。もちろん自然湧出泉である。夏の昼下がり、ひさびさに見市温泉のあつ目の湯船に身を沈めた。
 「う~ん、効く!」
 思わず口をついて言葉が漏れた。日本海へ注ぐ見市川を吹き渡る川風は真夏にもかかわらず涼しく、心地の良いこと。湯船に浸かりながら川の流れを眺められる温泉はありそうでそうない。

日本海に注ぐ見市の清流。見市川温泉の風呂から四季折々の清流の彩りを堪能できる。雪の季節には川石が雪帽子をかぶり、必見もの(撮影:松田忠徳)

 外に出ると露天風呂があって、川を渡る風が渓流の瀬音を耳元まで届けてくれた。至福の瞬間である。かつての湯治場は今では一級の秘湯である。今日日(きょうび)静けさに勝る贅沢はない。湯船に身を任せながら、ついまどろんでしまった。
 夏だが、目を閉じた瞼(まぶた)にはいくつもの川石のうえに綿帽子がメルヘンチックな真冬の光景が映っていた。真冬の見市温泉は、アクセスはなお難しくなるが、他では得がたい湯浴みが堪能できる。
 人間は欲が深い。眼前に広がる光景だけでも十分に贅沢なのに、つい次の贅沢を追い求めていた。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました