”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第62回 ”都会型温泉”で、肌の若返りは可能か ~「きぬの湯」(茨城県)での実証実験(その5)

心身の健康力を高め、真の美肌をつくる温泉 露天風呂「四季の湯」(写真:「天然温泉 きぬの湯」提供)  ヒトの皮膚水分量の基準値には開きがあり、おおよそ10~60%と言われている。乳幼児の...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第61回 ”都市型温泉”でも、皮膚のアンチエージングは有効か?~「きぬの湯」(茨城県)での実証実験(その4)

紫外線からの酸化を防ぐ抗酸化力を検証する  顔のシミ、シワ、たるみ、くすみなどの最大の原因は加齢ではなく、紫外線である。くすみの最大の原因は毛細血管の血行不良だが、シミ、シワの影響も受けている...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第60回 ”都市型温泉”で血流が大幅に改善した!~「きぬの湯」(茨城県)での実証実験(その3)

血流量を増やして、代謝を促進する  人の血管の長さは地球2周半分に相当する約10万キロにも及ぶ。そのうち毛細血管は約95%を占めると言われている。 人気の”ぬる湯”の主浴槽「美肌の湯」(...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第59回 ”都市型温泉”で、血圧が下がった!~「きぬの湯」(茨城県)での実証実験(その2)

3か月の持続的な温泉浴で血圧の変化を見る 大浴場にはさまざまな風呂が設えられている。遊び心がある「きぬの湯」の露天風呂「茶碗の湯」(撮影:松田忠徳)  前回は都市型温泉、「天然温泉 きぬ...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第58回 ”慢性疲労”を防ぐ「活性酸素」を除去する!~”都市型温泉”「きぬの湯」(茨城県)で、温泉療養効果を検証した(その1)

都市型温泉は、都会の人々の健康に寄与するのか  前回、前々回の2回にわたって、都会のビジネスパーソンのストレスによる"疲労感”は深刻な状況にあることを指摘した。 目下の私の関心は、首都圏や近畿...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第57回 都市の温泉は”慢性疲労症候群”のビジネスパーソンを救えるか?(下)

疲れの解消法がビジネスパーソンのスキルに こんな風流な露天貸し切り風呂に浸かると、慢性疲労も防げるだろう。東鳴子温泉(宮城県)「旅館大沼」(撮影:松田忠徳)  疲労回復物質は心身ともにリ...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第56回 都市の温泉は”慢性疲労症候群”のビジネスパーソンを救えるか?(上)

温泉でストレスを発散し、元気になれた時代  もうずいぶん前のことになるが、総理府が1985年に行った健康に関する国民の意識調査で、「疲労感を認める人」は66%いるが、そのうち72%は「一晩の睡...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第55回 十勝岳の露天風呂から、秋の絶景を満喫する

十勝岳連峰西部の気象条件が育む雄大な自然  十勝岳温泉は4、5年振りである。それまでは毎年のように訪れていた。春夏秋冬、いつの季節も魅力的な温泉で、標高1,280メートルの北海道一高所にある温...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第54回 ”都市の温泉”を活用する

コロナ禍にオープンする温浴施設の「勝算」  新型コロナウイルスの感染が一向に収まる気配を見せないなか、東京郊外の町田市によみうりランドの日帰り温浴施設「多摩境天然温泉 森乃彩」がオープンすると...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第53回 ”温泉教授”の通い湯、定山渓

市民が定宿を持つ、札幌の〝奥座敷〟  北の都、札幌の中心部から南西へ約30キロ。うっそうとした原生林を背景に、豊平川の両岸から湯けむりが立ち上る。200万都市札幌の”奥座敷”、定山渓温泉だ。 ...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました