温泉を、極める! 第26回 湯を共有する入浴マナーこそ、日本人の姿

入浴マナーに見た「三つ子の魂百まで」

 10年以上前の夏のこと。北海道の稚内市に近い中川町の立派な町営温泉施設でのことでした。
 気持ちよく大浴槽に浸かっていると、3人の親子連れが入ってきました。お父さんはそそくさと洗い場のカランの前へ、すると小学校低学年の2人の兄弟はいきなり浴槽にザブ~ン。頭から大量の湯をかけられた私はもう、ビックリ。
 夏休みのせっかくの家族旅行で、お父さんはパブリックの風呂の入り方を教え損ねたのです。せめて、「チンチンを洗ってから入りなさいよ!」くらいは言って欲しかった。もう何年も、親子で家庭風呂にも入っていないに違いありません。こんな絶好の機会を逃してしまって、何のための夏休みの家族旅行なのかと、私はムッとしたものです。
 というのも、2人の男の子に、「ここはお風呂だよ。泳ぐなら、ほら、すぐ隣に温水プールがあるだろう。あそこで泳いでね」と、私が再三、再四繰り返しても聞き入れてくれなかったからです。
 もちろん、私が腹を立てていたのは2人の若い父親に対してです。その父親は体だけ洗うと、「お~い、上がるぞ!」と声を掛けると、浴槽の私に顔を向けることなく出て行ってしまったのです。父親に聞こえるように2人の子どもに注意したので、私が迷惑をしていることは百も承知だったはずです。
 「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものです。いま小学生の例を出しましたが、入浴マナー違反は年齢を問わない深刻な問題なのです。

温泉で気持ちよくなるには、先ず他人を認めること

 先日も私の住む札幌市郊外の豊平峡温泉で、不愉快なことがありました。ひとり気持ちよく内風呂に浸かっていると、40代の体格の良い男性がコインロッカーの鍵付きリストバンドを指先でつまむようにして浴場に入ってきました。彼はかけ湯をすることもなくダイレクトに内風呂に入るや、ゴム製のリストバンドを浴槽の縁の上に置き、手でお湯をかけて洗い出したのです。
「おっと、待ってくれよ。誰かが先に腕にはめたリストバンドを汚いと考えているのかよ。ここの湯は鮮度抜群で殺菌作用にもすぐれているぞ。それよりお前さんのチンチンやお尻の方がよほど不潔じゃないか」
 こう言いかけて、私はすぐに浴槽から出ました。私は心身を清めるために温泉に入っているのだから。私は学生たちに常日頃から言っています。
 「温泉で自分が気持ちよくなりたければ、先ず他人(ひと)を認めなさい。リスペクトしなさい。たとえば入浴マナーを守ることによって他人を気持ちよくしてあげれば、それが自分に返ってくるものだよ」

他人とお湯を共有することに安らぎを感じるはずが・・・

 家庭風呂がこれだけ普及しているなか、日本人は温泉や銭湯に出かけ、他人とお湯を共有することに喜びと安らぎを感じています。「輪になって和を極める」のが日本人の精神性で、そうすることが心地良いのでしょう。
 ところが最近の入浴マナーは最悪です。浴槽に浸かる前にかけ湯をしたり、シャワーで洗い流すケースが絶望的に少ないのです。女性はマナーを守っているようですが、男性は年齢を問わず5人の内、2人は湯の中にそのままドボ~ンです。狭い家庭風呂ではどうしているのか。想像するだけでぞっとします。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました