湯治

「健康長寿温泉」のススメ

「健康長寿温泉」のススメ 第8章 第2回 やはり硫黄泉は万病に効く! ~ 高湯は療養温泉の東の横綱か?

2.高湯温泉の驚くべき療養効果 数字が悪いほど温泉療養の揺り戻しが大きく劇的に改善される (1)高湯で3泊プチ湯治モニタ-の実証実験を実施  高湯温泉の特長はすでに述べたように抗酸...
温泉健康楽

温泉健康楽 第26回 「 一夜湯治 考 」

 庶民が温泉に行くようになった江戸時代、温泉といえば湯治を意味していました。 庶民が湯治目的以外で温泉に向かい、やがて現代にまで続く「歓楽的温泉」が登場するきっかけとなった有名な騒動があります。 江...
温泉を、極める!

温泉を、極める!  第20回 無我の境地で湯に専念する ~ 「暇を持て余す」湯治

湯に向き合い、湯に専念することが湯治の極み  たとえば、重曹泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉)が美肌づくりにいいからといって、誰にでも同じような効果があるとはかぎりません。 人それぞれ、体質など個...
温泉健康楽

温泉健康楽 第25回 「 湯に専念 」

 たとえば、重曹泉が美肌づくりにいいからといって、誰にでも同じ効果があるとはかぎりません。 人にはそれぞれ、体質など個性があるからです。そればかりか、温泉にもひとつひとつ個性があります。「温泉とは個...
温泉を、極める!

温泉を、極める! 第15回 美しい日本の私の入浴法

最低1週間は滞在した江戸時代の湯治  わが国の温泉医学書の嚆矢(こうし)・香川修徳の『一本堂薬選』続編は、300年近くも昔に出版された温泉論ですが、その中に書かれている入浴法は現代人にも学ぶべ...
温泉を、極める!

温泉を、極める! 第14回 江戸の医学者が指南する入浴法

レジャーから治療学の温泉への回帰  江戸中期の元文3年(1738)に出版された香川修徳の『一本堂薬選』続編は、わが国最初の温泉医学書であり、温泉論でもありました。 わが国の温泉との本格的な係わ...
「健康長寿温泉」のススメ

「健康長寿温泉」のススメ 第7章 第3回 ”日本一の炭酸泉”で有名な長湯温泉ではどうか?(上)

3.”日本一の炭酸泉”長湯温泉のポテンシャル(潜在能力)は想像をはるかに上回るものだった 科学的な検証でも裏切られなかった20数年前からの〝予感〟 長湯温泉「大丸旅館」の総木造りの見事な...
温泉健康楽

温泉健康楽 第18回 「 湯治の作用 」

 実はもう数年前から若い世代を中心に湯治への関心は高まりつつあります。 私は特にここ10年、真に心身を癒してくれる“ホンモノ”の温泉を求めるなら、昔ながらの湯治客を受け入れているような宿に向かうべき...
”温泉教授”の毎日が温泉

”温泉教授”の毎日が温泉 第57回 都市の温泉は”慢性疲労症候群”のビジネスパーソンを救えるか?(下)

疲れの解消法がビジネスパーソンのスキルに こんな風流な露天貸し切り風呂に浸かると、慢性疲労も防げるだろう。東鳴子温泉(宮城県)「旅館大沼」(撮影:松田忠徳)  疲労回復物質は心身ともにリ...
温泉を、極める!

温泉を、極める! 第10回 温泉浴で免疫力の中枢、白血球の数や機能を適正化する

“主治湯”で抵抗力のある体を維持 日本最果ての地、知床半島の原生林に自然湧出する岩尾別温泉(北海道)。自然環境といい、温泉の質といい、免疫系の機能を整えるのに理想的な温泉だろう(撮影:松田忠徳...
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました