”温泉教授”の毎日が温泉 第5回 私が健康診断を受診しないワケ

青荷温泉(青森県)(撮影:松田忠徳)

健康診断の類をもう45年以上は受診していない。
 日本では企業は従業員に健康診断を受けさせなければならないという決まりがあるようだから、ほとんどの人は受けているようだ。幸い? 日本の大学に勤務していた際は受けずに来られた。もちろん何らかの病気になった場合は自己責任である。もっとも受診していても自己責任なのだろうが──。
 数か月前に検診を受けたにもかかわらずがんに罹っていて、もう手遅れだったというような気の毒なケースもあったりするから、健康診断を過信しないことだろう。毎日の細かな体調変化は自分が一番分かるし、分かるようにしなければならない。
 15年ほど前に”免疫ブーム”を巻き起こした新潟大学医学部の安保徹教授(当時)の本に「健康診断を受けていない」と書かれているのを読んで、「医学部の教授に仲間がいた!」と思わず膝を打ったものだ。

このコンテンツは会員限定です。無料の会員登録で続きをお読みいただけます。
無料の会員登録
会員の方はこちら
タイトルとURLをコピーしました