読む!?温泉 第12話 日本初の温泉化学者宇田川榕菴の〝発見〟

 戦前、藤浪剛一博士は宇田川家の書庫に入る機会を得て、『舎密開宗』外篇に訳述された鉱泉分析以外に、榕菴の温泉化学に関する遺稿を発見しました(『中外医事新報』、1936年4月28日号)。『中外医事新報』誌上にこのことが詳細に発表され、”温泉学者”としての宇田川榕菴の名がようやく温泉研究者の間で知られるところとなります。榕菴没後、何と90年が経過していました。

”温泉化学者”としての宇田川榕菴を発掘した藤浪剛一博士の論文「宇田川榕菴(未定稿)」。雑誌「中外医事新報」昭和11年4月号(所蔵・松田忠徳)

藤浪博士による榕菴、英菴の遺構発見

 宇田川家の書庫に眠っていたのは、玄随、榛斎、榕菴、それに宇田川家8代興斎(こうさい)の和蘭医学関係の書物でした。なかでも榕菴の遺稿がもっとも多く、その大半が舎密開宗に関するもので、未発表の原稿もかなり含まれていたようです。

このコンテンツは会員限定です。無料の会員登録で続きをお読みいただけます。
無料の会員登録
会員の方はこちら
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました