”温泉教授”の毎日が温泉 第79回 ‶湯畑”の周りを歩き、草津の圧倒的なパワーに改めて脱帽した(上)

完熟トマトの状態と言える‶自然湧出泉”

 3年振りに草津温泉の湯畑の周辺を歩いた。 
 わが国を代表する温泉、草津の湧出量は圧倒的で、とくに温泉力の最優先の目安となる‶自然湧出量”は毎分3万2300リットル以上、1日にドラム缶で約23万本もの温泉が湧き出ているといわれる。もちろん日本一である。

毎分約4000リットルもの大量の湯が湯畑から自然湧出し、湯畑の端で豪快な湯滝となって落下する(撮影:松田忠徳)

 湧き水のように自然に地表に湧出する温泉を‶自然湧出泉”と呼ぶ。近年、ランドサットなどによる温泉の探査技術と深度掘削技術の飛躍的な進歩により、東京、大阪などの大都市でも湯脈を得て、温泉施設が続々と誕生している。その結果、東京23区は10平方キロメートル当たりの日帰り温泉施設の数は全国一となっている。
 だが、草津のように自然湧出による温泉が本来の温泉の湧出形態であった。自然湧出泉は現在では非常に希少価値の高い温泉となり、温泉の‶質”ももちろん高い。温泉は空気にふれたり動力などで撹拌(かくはん)されることにより、酸化され質が劣化するため、自然湧出は理想的な湧出形態といってよい。
 トマトにたとえるなら、自然湧出泉は完熟トマトの状態と言って差し支えないだろう。十分に熟したまろやかな肌触りと、抗酸化力に優れた科学的な効能が期待できる。江戸時代ではもちろん、昭和初期ころまでの温泉のほとんどは自然湧出泉であった。

湧出形態によらず好ましい‶源泉かけ流し”

 自然湧出泉に対して、近年のボーリング、即ち掘削によって得られた温泉は‶掘削自噴泉”と‶掘削揚湯(ようとう)泉”に分けられる。前者は水圧、湯量に恵まれているため掘削後、‶自噴”、つまり自力で湧出する温泉。トマトでたとえるならオレンジ色といったところか。この湧出形態は以前は自然湧出の温泉地であったが、温泉施設がふえるなどして水位が下がったため掘削したところに多く見られる。もともと恵まれた温泉であったと考えられる。
 一方、掘削揚湯泉は湯脈を掘り当てたものの、自力では地表に湧出できないため動力で揚湯した温泉のこと。平成時代の前半に全国各地に誕生した地方自治体の‶公共温泉”をはじめとする近年の新興温泉の大半はこのような掘削揚湯泉で、トマトにたとえるなら、さながら緑色の状態か。
 地下の深い位置から水中モーターポンプ、エアーリフトポンプなどでポンプアップするため源泉が撹拌され、早々と酸化され始める。このような温泉を利用した施設の大半は‶濾過循環”&‶塩素殺菌”の風呂である。
 ただ掘削揚湯泉であっても稀にではあるが、源泉かけ流しで利用されていて、極めて抗酸化力を有した温泉と出合うこともある。含有成分が故である。したがって、いずれの湧出形態、即ち自然湧出であっても掘削自噴、掘削揚湯であっても、‶源泉かけ流し”が利用方法としてもっとも好ましいことには変わりない。心身に効くという温泉本来の役割においては—―。

4000リットル/分の湯を噴出する草津の湯畑

日本を代表する温泉郷、草津温泉のシンボルは、温泉街の中央に噴出する”湯畑・源泉”。夕方になるとライトアップされ、幻想的な湯畑が浮かび上がる(撮影:松田忠徳)

 「まったく神秘的な効能」と、わが国の‶近代医学の父”と称されている、明治時代の‶お雇い外国人”、ドイツ人医師で東京医学校(現在の東京大学医学部)教授のエルウィン・ベルツ博士(1849~1913)を驚嘆させた草津温泉は、白根山の東麓、標高1200メートルの高地に硫黄臭を漂わせる。
 ‶天下の名湯”としてその名を馳せてきた草津のシンボルは、温泉街の中央で毎分約4000リットルといわれる大量の湯を噴出させる‶湯畑”。幅20メートル、長さ60メートルにも及ぶ草津温泉を代表する泉源(湯元)である。
 江戸時代以降、湯畑から引湯した共同浴場、旅館をはじめ土産物店、商店などが、湯元である湯畑を取り巻くように軒を連ね、温泉街が形成され現在に至っている。日本の典型的な湯町の発達の仕方である。

正統派の温泉地として老若男女を集める草津

 春休みとあって湯畑の回りを歩いているのは学生たちだった。99%が若い人に思えた。コロナ禍で、ふだんなら旅行の主役となる中高年の女性の姿は見かけなかった。
 昨年秋頃から若い人たちの感染者が増えているが、平常時の旅行の主役が出てこないなかで、若い人たちの多くは素泊まりホテルや廉価な宿に滞在し、お金はそれほど落としてはいないと言われるものの、若い人たちが動かなければ観光地、草津のようなネームバリューのある大温泉地であっても、閑古鳥が鳴くに違いないというのが率直な感想であった。

早朝の湯畑の全景(撮影:松田忠徳)

 若い人が訪れるということは草津が魅力的だからに他ならない。コロナ禍の前でも、もともと湯畑ほど老若男女が集まる場所は全国でも珍しかった。他に九州の由布院温泉くらいだろうか。由布院は温泉地だが、それより観光地としてのイメージの方が強いのに対して、草津は正統派の温泉地である。湯畑の圧倒的な噴出量とホンモノの湯けむりには、誰しもパワーをもらう。

江戸時代の共同浴場を再現した足湯「湯けむり亭」

湯畑の一角に、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗(在位1716~1745)が江戸城で温泉療養をするために木枠の湯畑・源泉を運ばせた「御汲上の湯」の跡があった(撮影:松田忠徳)

 湯畑で湧き出た源泉は7本の木樋に通され、外気にふれることにより湯温を下げる。昔からの加水せずに高温の源泉の温度下げる智恵である。その後、湯畑の端にある湯滝を落下し、近くの共同浴場「千代の湯」や各旅館に送湯される仕組みだ。現在の湯滝の位置に共同浴場「滝乃湯」があったが、昭和の半ば(1960年代)に取り壊された。
 湯畑の他にも5本の源泉があり、草津最大の湯量を誇る万代(ばんだい)源泉、西の河原源泉、煮川(にかわ)源泉、湯畑に面した白旗源泉、それに地蔵源泉などがある。
 湯畑の豪快な湯滝、硫黄臭のする濃い湯けむりだけで十分に魅力的だが、瓦を敷き詰めた湯畑の回りの歩道を歩く際、湯畑を囲む石柱に草津を訪れた文人墨客の名が彫られていることに気づく。行基菩薩、日本武尊、源頼朝、木曽義仲、志賀直哉、高村光太郎、竹久夢二、斎藤茂吉、、、、。まるで日本のパワーの源であったかのようだ。

ライトアップされた夕暮れの足湯「湯けむり亭」。江戸時代にこの位置に共同湯「松乃湯」があり、足湯の東屋はその建物を再現したもの(撮影:松田忠徳)

 湯滝の反対側、湯畑の源泉の中に四角い木枠が見える。「御汲上の湯」と呼ばれ、八代将軍徳川吉宗がこの湯枠の源泉を樽詰めにして江戸城へ運ばせたといわれている。この湯枠の湯ではないが、十代将軍徳川家治も湯畑源泉を運ばせている。
 ここから右手に総檜造りの東屋が見える。足湯「湯けむり亭」だ。江戸時代の絵図を見ると、この位置に共同浴場「松乃湯」があり、東屋はその建物を再現したという。江戸時代の山の中の共同湯だから、屋根掛け程度の簡単な作りであったのだろう。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました