”温泉教授”の毎日が温泉 第77回 群馬の秘湯、尻焼温泉の”川の湯”で、豪快な湯浴みを楽しむ(上)

道祖神の村で平家の落人が発見した温泉

 群馬県の草津へ行く途中、寄り道をして峰々の頂にまだ雪の残る深い山道を分け入り、尻焼温泉へ向かった。尻焼温泉が湧く旧六合(くに)村は2010年に中之条町に合併されていたが、私が初めて秘湯、尻焼温泉を訪ねたときは珍しい読み方の村で、強く印象に残った。
 六合は江戸後期の医師、蘭学者の高野長英(1804-1850)が一時身を隠していたといわれる深い山国だ。シーボルトの鳴滝塾で学んだ高野長英は、幕末に開国論を唱えたが故に、六合赤岩集落の旧家湯本家にかくまってもらっていたことがあり、2階に往時のままの「長英の間」が現存する。ちなみに草津温泉は湯本氏一族によって開発、経営が始まったといわれている。
 平家落人の里、旧六合村は道祖神の宝庫で、村内に確か29体あると記憶している。道祖神は外から侵入する疫病や災害、悪霊から村を守るために、村境、峠、橋のたもとなどに置かれた守り神。大半は江戸時代に作られたもののようだ。現在なら新型コロナウイルスからの守り神である。
 全国各地を行脚した歌人の若山牧水が有名な「枯野の旅」の詩に詠んだ村はずれの暮坂峠にも、20年ほど前に通った際にひっそりと道祖神がたたずんでいたのを覚えている。
 平家の落人が発見したと伝えられる尻焼温泉は暮坂峠からも近い。位置的には草津温泉の東南。上信国境の横手山を源とする長笹川の川床や河畔に湧く温泉である。

一年中入浴できる、尻焼温泉の川の湯

 私にとって、尻焼温泉と言われてとっさに思いつくキーワードは、「川の湯」と「関晴館別館」。関西には和歌山県に川湯温泉という冬場に入浴できる有名な川の野天風呂があるが、関東では尻焼温泉にも川の湯があり、こちらは一年中入浴できる。川湯温泉ほど知名度はないものの、関東の熱心な秘湯ファンの間ではつとに知られた存在だ。
 レンタカーのカーナビに関晴館別館の電話番号を入力して向かったものの、関晴館別館の看板はなく、ひどく落胆した。カーナビは正しく誘導してくれたようなので、宿の経営者が代わり、屋号も変わったようだ。後日調べてみると、どうも3、4年前のことのようだ。

長笹川の川床から湧出する温泉を利用した大野天風呂「川の湯」(撮影:松田忠徳)

 関東平野では桜の開花が始まったものの六合の奥では日陰の所々に雪が残っているくらいだから、一年でもっとも寂しい季節かも知れない。尻焼温泉に3軒の温泉旅館があるが、緑の芽生えの季節を迎えるまでは老朽化した建物の汚れが目立ち、旅行者にはつまらない季節の変わり目かも知れない。
 ただ秘湯好きにとっては、いい温泉に気持ちよく浸かることができれば十分なので、桜も新緑も、紅葉もない山奥の温泉に物見遊山に来る都会からの観光客がいない時期が狙い目といえば狙い目なのである。
 そのような温泉好きなのだろうか。尻焼温泉の道路脇や公共駐車場に平日にもかかわらず予想以上の車が駐車しており驚いた。しかもほとんどがリタイア組で、どうやらワンボックスカーや軽ワゴンに泊まり込んでいるのだ。今日日暇人の多くはリタイア組なので、合点。山の中の夜はまだ冷え込むだろうが、温かい川の湯がある。

‶列島縦断2500湯”以来20年ぶりに再訪

キャンピングカーの中から、毎週日曜日の「日本経済新聞」に1年半連載した「列島縦断2500湯」が、旅の終了後に350ページの単行本『列島縦断2500』(2000年3月刊)となった

 じつは私が20年ぶりに六合に立ち寄ったのは川の湯に浸かり、時間があれば関晴館別館の川の流れのような内風呂で仕上げをし、ご主人に挨拶したいと思い立ったからだった。残念ながら関晴館別館は廃業していたが、川の湯の方は健在だった。
 私が初めて尻焼温泉を訪れたのは1998年7月2日。じつはこの時、”列島縦断2500湯”の旅の途上だった。トヨタ・ハイエースを改造したキャンピングカーを移動書斎兼カプセルホテル代わりに、その年の1月5日に北海道の小樽港からフエリーを幾度か乗り継いで、鹿児島県の種子島まで大移動。種子島の河内温泉を第一湯に1月8日から苛酷な温泉の旅を開始した。1年8か月で2500湯に浸かりながら取材をし、移動書斎の中で原稿を書き、数本の新聞、雑誌の連載をこなしながら、日本列島を南から北まで2度も縦断する破天荒な旅となった。

列島縦断2500湯の旅の第一湯は鹿児島県の種子島に湧く「河内温泉」から始まった
高知県の大河、四万十川(しまんとがわ)に架かる沈下橋を渡るキャンピングカー。四国では珍しい大雪となった(撮影:松田忠徳。プリント写真からの複写)
地図上の未知の温泉を求めてかろうじて車一台しか通れない山道を分け入るキャンピングカー。島根県にて(撮影:松田忠徳。プリント写真からの複写) 

 順調に九州だけで600以上の温泉を巡っていたのだが、7月上旬に群馬県に出没したのには理由(わけ)があった。当時の「走行記録ノート」を読み返してみると、正確にはすでに5月下旬に長野県へ大移動していた。
 旅行雑誌「旅の手帖」の発行元からシリーズで刊行されていた旅行書「私の日本α」の第20巻目として、『関東周辺とっておきの秘湯』を書き下ろして欲しいと、九州の大分県を旅していた私の携帯電話に依頼が来たのだ。雑誌の原稿ではなく、‶単行本”の執筆依頼だったから驚いた。
 ハードな旅をしながら、キャンピングカーの中で単行本を書き上げることなど、果たして可能だろうか? 現在のようにまだデジカメの時代ではなく、プロはポジフィルムで撮影していた。現像、写真のセレクトもなかなか難儀だ。特にポジフィルムの現像は関東と関西でしかできなかった。そのときは「2、3日考えさせて欲しい」と、編集者に返事をした。

車の中で単行本を書くというチャレンジ

 宿を泊まり歩いている訳ではない。そうであれば部屋で書くことも可能に違いない。たまぁ~にと言っても、月に1、2度、宿に泊まることもあった。1年半以上の長丁場の旅となると、アクシデントの連続なので綿密なスケジュールのもとに行動すると言うわけにはいかない。したがって宿泊するための条件があった。

機動性に著しく劣るキャンピングカーで山奥の秘湯群を取材し、単行本を車中で完成させるという”前代未聞”の本『関東周辺とっておきの秘湯』(1998年10月刊)。76か所の秘湯が収録されている

 第一に何としてでも泊まりたい魅力があること。ただし、泊まる以上はやはり夕食を食べたい。当日の夕方に、是非泊まってみたい宿に出合ったとしても宿側の都合もあるので、翌日の朝食は可能でも、夕食はまず無理であった。遅くて午後1時くらいまでの予約なら夕食はかろうじてOKというのが当時のいい宿の返事であった。もちろん食材の準備があるからだ。大方は午前中までの予約だった。夕方に予約して夕食もOKの宿はもともと魅力的な宿ではないので、泊まりたいとも思わない。
 午前中に泊まりたい宿と出合った場合でも、夕方にチェックインするまでの間、周辺に回る温泉があれば戻って泊まることも出来る。なにせ1日に平均8か所前後の温泉の入浴、取材、撮影をノルマとしていたため、泊まりたい宿に出合うことはあっても実際に泊まれるのは多くて月に1、2軒であった。
 だが、むげに原稿依頼を断るのも面白くない。「車の中で単行本を書き上げる」という前代未聞のことにチャレンジしてみることもまた面白いではないか。それに1年半か2年も続くこの破天荒な旅を完遂するうえで、もっとも重要なのは‶資金”である。次に‶体力、気力”であった。
 毎週2本の新聞と毎月4、5本の雑誌の連載原稿をこなしながらの旅でも、資金は足りなく、貯金の切り崩しをせざるを得なかった。そんななかで、この単行本の依頼は、列島を縦断するスケジュールや走行距離にかなりのロスが生じるものの、取材費を含め金銭的にそのロスを補って余りある魅力的な条件だった。「よし、引き受けよう!」

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました