「温泉を、極める!」 第24回 ”湯”を施す「施浴」文化

お湯が張られた「湯」は温泉の呼称でもあった

 湯女風呂のように蒸気で垢(あか)を落とす「風呂」に対して、「湯」が現代の私たちになじみのある風呂を指していました。「風呂場」のことを古くは「湯殿」といったのも、そうした移行を感じさせる言葉です。お湯が張られたところが、まさしく「湯」だったというわけです。
 『万葉集』などにも出てきますが、温泉もまた「ゆ」と読みました。その名残がいまも島根県に湧く温泉津。「おんせんつ」ではなく、「ゆのつ」ですね。温泉津は江戸時代には、平成19(2007)年に世界文化遺産登録された石見(いわみ)銀山の積み出し港としても栄え、そのはるか昔、奈良時代の記録にも出てくる古湯です。

このコンテンツは会員限定です。無料の会員登録で続きをお読みいただけます。
無料の会員登録
会員の方はこちら
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました