温泉を、極める! 第18回 混浴の心得とは

20〜30代の女性が自ら求める‶混浴”

 温泉を突き詰めると‶混浴”―。これは、野天風呂の多い温泉地が向かっているひとつの傾向です。若い20~30代の女性が自ら混浴を求めていると聞けば、中年のオジさんたちは、驚きながらも鼻の下を長くするかもしれませんね。
 あまり不思議がる必要はないのです。もともと、秋田の玉川温泉や岩手の須川温泉などの大規模湯治場は混浴で有名だったのですから。現在は両方とも男女別になっています。青森の全国的に知られる湯治場、酸ヶ湯温泉はいまだに昔ながらの‶混浴文化”を守り続けていますが、ポールによる暗黙の境界線があり、「女性専用タイム」なんてものができたのはちょっと残念です。
 なぜわが国を代表する湯治の名湯、酸ヶ湯がそんなことになってしまったのか。都会から来た若い男性のなかに、女性が浴槽に入るところをジロジロと見てしまう輩(やから)が現れたからです。‶ワニ男”と呼ぶようです。
 あえて男性たちを弁護するなら、女性が入ってきたことに驚いてつい視線を向けるのかもしれません。ところが、女性にしてみれば、浴槽に出入りするときに男性の目で追われるのは非常に嫌なはずです。実際には見られていなくても、男性の熱い視線を感じてしまうのが女性なのです。
 男性のために冗談半分にアドバイスすると、数十秒だけ我慢しましょう。そうすると女性は自分と同じ浴槽に入ってくれます。今度はしっかりと目線を合わせて会話をすることです。湯のなかでは自然と会話も弾み、癒やしの効果も高まることでしょう。

混浴が精神的な癒し効果を高めていた

 東北地方のように長い湯治場の歴史を有するところは混浴がふつうでした。‶効き目”があったからでしょう。マナーがしっかり守られれば和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気が、温泉の科学的な効果に加えて、精神的な癒やし効果を高めていたのでしょう。酸ヶ湯は濁湯ですので、湯に入ってしまうと透けて見える心配はありません。念のためつけ加えると、混浴大浴場「ヒバ千人風呂」の他にも、かなり大きな女性と男性の専用風呂もあります。
 繰り返しますが、わが国の混浴文化の基本は「女性が浴槽に入るまで、浴槽から出て自分の視界から消えるまで、そっぽをむいていること」。このようなささやかな心遣いこそ温泉紳士の決め手です。女性の気配は大方、勘でわかりますから、さりげなく反対を向いたり、目を逸らしたりしましょう。蛇足ながら某混浴女子によると、混浴マナーは団塊の世代が一番いいとのことです。
 昔はだれもが混浴マナーを守ることができたからこそ、江戸、明治、大正、そして昭和の半ば頃までふつうに混浴が続いていたのでしょう。子どもの頃、北海道の洞爺湖温泉街の混浴の共同場を揺りかご代わりに育った私は、そう信じています。

混浴の入浴マナーに感動したという報告

 ヨーロッパでは、ルネッサンス期に公衆浴場が入浴禁止になります。公衆浴場は「公序良俗(こうじょりょうぞく)に反する」とされたのです。裸は性を意識させるというわけです。「公衆風呂=性的不道徳」といういびつな意味づけがなされ、キリスト教が禁じることになります。それほど公衆浴場での風紀が乱れていたようです。
 ですから幕末期の日本にやってきた欧米人たちは、混浴の光景を目の当たりにしてひどく驚いたわけですが、表層だけ見てこれを野蛮と断罪するのはおかしい。それぞれの国にはそれぞれ固有の歴史、文化というものがあります。いくら女性の権利が低かった時代といっても、女性はもし何らかの危険を感じたなら混浴には行かなかったでしょうし、別の防御策を講じたはずです。
 事実、欧米人のなかには混浴の日本人を見て、その整然とした入浴マナーの良さに感動したという報告もあります。30年ほど前にそのような本を読んで救われた思いになったことを、鮮明に記憶しています。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました