庄助 
毎日が温泉ログイン

決定版!日本百名湯

第32湯 道後(どうご)温泉(愛媛県)

 岩間に湧き出る湯で、傷ついたシラサギが脚を癒したという発見伝説以来、幾多の古典に道後温泉の名が登場してきた。『日本書紀』は舒明、斉明の二天皇の来浴を伝え、『万葉集』では山部赤人や額田王ら万葉歌人の材題となり、また『源氏物語』を読むと、平安時代の宮廷人にその名を知られていたことがわかる。
 下っては明治の文豪、夏目漱石が『坊ちゃん』で激賞した。東京もかなわぬものが...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト