庄助 
毎日が温泉ログイン


一般読み物コンテンツ

温泉教授の独り語り
温泉教授の独り語り

第12回
現在、日本を騒がせている朝青龍問題を切り口に、温泉学とモン...

特集 名湯を訪ねる
特集 名湯を訪ねる

第2回 北海道登別温泉
まさに、地獄とはかくあろうという、異様な景観に圧倒される。これは今...

名宿の朝ごはん案内
名宿の朝ごはん案内

第9回 長門湯本温泉「別邸 音信」
大谷山荘がプロデュースするおもてなしの粋を凝らしたの小旅館

温泉エディトリアル
温泉エディトリアル

第10回 あこがれの大牧温泉(後編)
足立 真穂
 あこがれの「大牧温泉観光旅館」。ついに到着し、探検は続きます。とはいってもあまり歩くところ...

副編集長の『湯あたり』雑記
副編集長の『湯あたり』雑記

第3回 腹一杯食べたい、宿の「ご飯」
収穫の季節を終え、1年間の苦労をねぎらい、ホッとひと息つけるこの...

営業マンの「営業日誌」
営業マンの「営業日誌」

第3回 塩原・鬼怒川
 元泉館(げんせんかん)社長、君島昭氏とお会いしてしばら...

外湯再発見
外湯再発見

第1回 温泉津温泉元湯
松田 忠徳
松江市郊外の玉造温泉を出て、出雲大社に参拝する。島根は3年...

名湯のお茶請け
名湯のお茶請け

第1回 登別温泉・滝乃家別館玉乃湯
「玉ちゃんまんじゅう」
 何の変哲もないが、だからこそ、ホッとしたり風情を感じるもの...

女将登場
女将登場

第1回 登別温泉・滝乃家別館玉乃湯
須賀 紀子さん
 大正6年、料理旅館として創業した登別温泉「滝乃家」。本館は温泉...

編集長の毎日が温泉
編集長の毎日が温泉

第1回
松田 忠徳
今年最初の温泉は、昨年に続き定山渓温泉の「ホテル山水」...

温泉フリークのための100冊
温泉フリークのための100冊

第1回 田山花袋著『温泉めぐり』(大正7年、博文館)
松田 忠徳
 『蒲団』『田舎教師』などで知られる明治・大正期の文豪、田...

有料読み物コンテンツ

これまで巡った温泉は4,600湯
1949年 北海道洞爺湖を産湯に生まれる。東京外国語大学大学院終了。文学博士。旅行作家。札幌国際大学大学院教授(温泉文化論)「温泉教授」の異名で知られる温泉学の第一人者

編集長の詳しい紹介はこちら

on mass media 松田忠徳

編集長対談

温泉健康楽のススメ
温泉健康楽のススメ

第30回 病気の芽
私が安保徹教授を信頼する一番の理由は、西洋医学の...

決定版 日本百名湯
決定版 日本百名湯

第32湯 道後温泉(愛媛県)
 岩間に湧き出る湯で、傷ついたシラサギが脚を癒したという発見伝説以来...

国民の温泉学
国民の温泉学

第7回 温泉選びは、「宿選び」の時代
戦後、私たちは経済的な豊かさを求めて邁進してき...

名宿の夕食膳案内
名宿の夕食膳案内

第9回 長門湯本温泉「別邸 音信」
大谷山荘がプロデュースするおもてなしの粋を凝らした小旅館



トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト