庄助 
毎日が温泉ログイン

決定版!日本百名湯

第9湯 定山渓温泉(北海道)

 北の都、札幌の中心部から南西へ約30キロ。うっそうたる原生林が迫る豊平川の両岸に湯煙が立ちのぼる。190万都市の奥座敷、定山渓温泉である。
 豊平川の瀬音がひときわ高く感じられる静寂境に、高層ホテルが所狭しと軒を連ねる。13軒のホテルの総客室数が約2000室。1軒当たりの規模の大きさがうかがい知れよう。
 定山渓の名は温泉の開祖、定山坊にちなむ。有馬と行基、城崎と道智上人、修善寺と弘法大師など、高僧による温泉発見伝説は全国各地にあるが、定山のように自ら温泉場を開き、湯守になった例は珍...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト