庄助 
毎日が温泉ログイン

決定版!日本百名湯

第1湯 箱根湯本温泉(神奈川県)

 箱根温泉郷の表玄関口、箱根湯本は、須雲川と早川が合流する三角州、古くは湯谷と呼ばれていた山あいに湧く古湯である。
 新宿から小田急線が乗り入れる箱根湯本駅前の国道一号線沿いに、土産物屋や味処が軒を連ね、箱根でもっとも賑やかな商店街を形成する。
 だが、駅前の喧噪も、早川に架かる湯本橋を渡り湯場に入ると、瀬音に変わり、落ち着いた和風旅館や風情のある土産物屋などのたたずまいが、浴衣姿の似合う温泉情緒をかもし出す。
 「熊野権現願文」(『早雲寺文書』)によると、湯本は奈良時代中期の天平10(738)年に釈浄定坊によって発見されたとされ、その源泉は現在も使用されている。湯場の熊野神社の...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト