庄助 
毎日が温泉ログイン

湯治楽入門〜温泉健康学のススメ

第27回「 予防の湯 」

 奈良時代の天平5年(733年)に書かれた『出雲国風土記』に次のような一節があります。
 「一たび(すす)けば形容(かたち)端正(きらきら)しく、再び(ゆあみ)すれば(よろず)の病(ことごと)くに(のぞ)こる」(この湯で一度洗えば容貌も美しくなり、重ねて洗えば万病すべて治癒してしまう)
 今から1300年も昔に、温泉の本質をこう適切に表現している奈良時代の日本人の温泉に対する認識の高さには率直に驚かざるを得ない。
 西洋医学や薬学が発達した現代では...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト