庄助 
毎日が温泉ログイン

湯治楽入門〜温泉健康学のススメ

第22回「 養生の薦め 」

 江戸期の本草学者で、儒学者としても著名な貝原益軒(1630〜1714)の代表的な著書に、『養生訓』があります。
 今でいう生活習慣病や老化の防止、さらに心の健康維持に向けた指南を、儒教と中国医学に基づいて書いたものです。なにせ益軒自身、江戸中期に85歳まで生き、『養生訓』は亡くなる1年前に書かれたものですから非常に説得力があります。そのため現代にも...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト