庄助 
毎日が温泉ログイン

湯治楽入門〜温泉健康学のススメ

第14回「 鍵は触媒 」

 なぜ俵山温泉、なかでも共同湯「町の湯」が、リウマチ、神経痛に特効があるのか。高安慎一教授によると、「町の湯」には触媒作用という強力な働きがあるためだといいます。
 触媒とは、化学変化の過程でそれ自体は変化しないまま反応を加速させる働きをするもの。
 たとえば塩素酸カリを熱して酸素を発生させる実験の際、二酸化マンガンを加えるとその発生が活発になりますが、二酸化マンガン自体は変化しません。この場合の二酸化マンガン...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト