庄助 
毎日が温泉ログイン

湯治楽入門〜温泉健康学のススメ

第11回「 裸の付合いは日本人の原点 」

 江戸時代の戯作者として知られる式亭三馬(1776〜1822)の代表作『浮世風呂』に、こんな(くだり)があります。
 「・・・湯を浴びんとて裸形(はだか)になるは、天地自然の道理、釈迦も孔子も於三(おさん)も権助も生まれたままの(すがた)にて、惜い欲いも西の海、さらりの無欲の形なり」
 大意を要約すると、「風呂に入るために裸になれば、高名な人や金持ちも貧乏人も皆同じ、無欲の姿でいられるのだ」といった...
本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト