庄助 
毎日が温泉ログイン

湯治楽入門〜温泉健康学のススメ

第1回「湯治力」とは

 今から400年前の慶長9(1604)年、徳川家康は九男 義直(よしなお)、十男 頼宜(よりのぶ)、それに伊達政宗お抱えの連歌師・兼如らを引き連れて、熱海で1週間の湯治をします。
 天下分け目の戦いと言われた関ヶ原の合戦に勝利して実権を握り、征夷大将軍に任命された翌年のことです。
 江戸幕府が開かれ、新しい時代のリーダーとして君臨したとはいえ、関ヶ原の動乱からわずか4年。天下平定のために内圧外圧に抗し、収める手立てを矢継ぎ早に打つ必要があったはずです。群雄割拠の戦国時代を乗り越え、天下を取ったばかりの家康は、その地位を不動のものとするために、夜も昼もない激務をこなしていたことでしょう。
 そんな時期に、過密なスケジュールをあえて1週間も割いて湯治に出かけた。その意義は温泉、そして湯治を考える上で大きなものがあったと思われます。
 家康が熱海の湯に浸かったのはこの時が初めてではなく、7年前...

本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト