庄助 
毎日が温泉ログイン

The松田本 第一回『温泉旅館格付けガイド』

庶民と温泉の関わり、温泉医学の原点を繙く
『江戸の温泉学』への思い

 江戸ものブームの熱が醒めない。人情もの、勧善懲悪、ミステリーなどの小説や、生活・風俗・文化の紹介本、果ては和風建築や着物人気まで、今から見ればどこかのんびりして豊かなイメージが憧れの対象となっている。暮らしから経済、政治にいたる社会構造の礎になったと言われるこの時代はまた、温泉が庶民に定着し、日本の文化として敷衍していく端緒となる事象が数多く見られる。
 病を癒す医療としての湯治に始まり、旅行ブームのきっかけとなった温泉は、400年を経た今もますます拡大しつつ活況に見えるが、その一方で、温泉本来のよさが忘れられ、当たり前だったはずの付き合い方ができなくなっている----。江戸という時代における温泉を俯瞰しつつ、温泉の未来への視点を喚起させる、新しい「江戸学」について聞いた。

----この本は、週刊誌での連載が元になっているそうですね。

松田 週刊新潮で1年間、50回連載した「江戸温泉物語」をまとめて、再構成しています。当初は新潮選書として書き下ろす予定だったのですが、大学での講義のほか、毎週のように講演・取材に出ている関係でまとまった時間が取りにくいことから、連載という形で書き溜めていくことになりました。しかし結果的には、この方法を採ったことが良かったと思っています。

----というのは?

松田 週刊誌の連載が決まった時点で考えていたのは、「江戸の温泉旅行」といったテーマでした。江戸の庶民はどんなふうに温泉と付きあい、温泉行や湯治を実践していたか。そんな風俗的な部分にスポットを当てた内容です。けれども、江戸時代の人たちと温泉の関わりを繙くうちに、当時の医学者たちが、庶民の健康に役立てるため真剣に温泉と向き合っていた姿に取りつかれ、学術的な内容のウェイトが重くなっていった。見開き2頁の連載で、文字数にすれば7〜8枚、3000字程度ですが、当時の文献...

聞き手:塚本 尚紀


■江戸の温泉学
著者:松田 忠徳
新潮選書/四六判変型/256ページ
ISBN978-4-10-603579-1
C-CODE0395
発売日:2007/05/25
価格:1,260円
セブンアンドワイでこの書籍を購入する

本文を全てご覧いただくには有料会員登録が必要です。
お手数ですがこちらから会員登録をしていただき、ログインをされた上でご覧下さい。

 
トップページ 通信販売法・個人情報の取り扱いについて サイトマップ お問い合わせ
Copyright(c)2011 mainichiga-onsen.com All rights reserved.
会員登録ログインログアウト会員情報編集ログアウト